中根式の質問箱 (1)


 "ス"だけが違う理由は?

  北の道楽おやじさん、はじめまして。
  中根式速記について質問させていただきます。
  まず「中根式速記法概要」の清音記法を見ました。
  ちょっと気がついたことがあるのですが、他のホームページで紹介されていた
 中根式の基本文字表と見比べてみたら、"ス"の速記文字が異なっておりました。
  同じ中根式でも書き方が色々とあるのでしょうか。もしそうであれば、なぜ、
 "ス"音に限って別の形にしたのか、特別な理由があるのでしょうか。また、2種
 類の形が示されていますが、どういうふうに使い分けるのですか。
  よろしくお願いいたします。



              



  中根式と一口に言っても、各地により、あるいは指導者によりいろいろな書き方もありますし、
 「中根式速記法概要」に掲載をしている法則体系も、従来の中根式とは異なっております。
 「ス」の書き方には、2種類ありますが、どちらを使用するかは、次の速記文字によって使い方が違います。
 「ス」(ソに加点)の形は従来の中根式の書き方です。「概要」には掲載をしておりませんが、
  私は従来の「ス」も使用をしております。

 「概要」に掲載をしいてる2種類の「ス」は速記文字を書きやすくするための「特定符号」としてとらえております。
  この「ス」については、昭和32年8月発行の中根速記協会速記専門研究誌「ステノ」No.1に掲載をされておりますし、
  一部の中根式関係者でも使用をされている方がおります。

 「文例」等を見ていただければ、オーソドックスな中根式とはかなり違うと思います。



[ 質問箱の目次へ ]