速記 道楽おやじコーナー



『速記道楽』初級編に関するコメント
『速記道楽』中級編に関するコメント
『速記道楽』上級編に関するコメント

鉛筆



「速記道楽」とは?

 「ASTY」の平成9年4月号に「南国の道楽おやじ」さんが、「速記道楽」について掲載をされておりますので、 読者のためにご参考のために紹介をします。

 「速記道楽」を、私はこう考える。辞典では道楽も趣味も同じとしているが、道楽と趣味は違うものである。 速記人生の4段階発展説では、趣味は道楽の下位に位置し、第3段階にあるのである。図を見ていただきたい。

第4段階速記道楽
第3段階速記を仕事にする。速記が趣味となる。
第2段階速記に興味を持つ。速記を習得する。
第1段階速記のことは全く知らない。

 速記を好きでもないのに、職業としている人がいる。職業としていないが、速記が好きな人がいる。 ある程度書けるし、生活に利用している。こういう人たちは、未だ第3段階にあるのである。 それがいいとか、悪いとかと言っているのではないので、誤解のないように願いたい。 人にはそれぞれの生き方があり、どういう生き方をするかはその人の価値観の問題だから、私がとやかく言うべきものではない。

 趣味と道楽の違いを一覧表にして示すと、下のようになる。速記道楽は、これを初級、中級、上級の3段階に分類する。 なぜこのようなことをするのか。それは、道楽だからである。死ぬまで続く、楽しみの道だからである。  現在の日本に「速記道楽上級者」はいない。なぜなら、速記のために家族を捨て、餓死寸前の者はいないからである。  ユーモアを解する方は、幸福な人である。日々にこにこして暮らせるなら、死ぬときにも後悔することはあるまい。 墓石に「速記道楽ここに眠る」と刻もう。

   趣  味
1.速記が好きである。
2.いつでもやめることができる。
3.知識は、浅い者からかなり深い者まで様々である。
4.本職が別にある。

   道  楽
「初級」
1.速記は愛である、と公然と言える。
2.速記をやめることはできない。
3.速記の悪口を言う奴は、許せない。
4.知識は相当に深い。
5.仕事と速記が分離している。
6.四六時中速記のことを考えている。

「中級」
1.速記のためなら、金に糸目はつけない。だから、かなり貧乏である。
2.仕事以外の時間は全て速記に使う。速記を仕事とし、仕事以外でも速記活動をしている者も含める。
3.速記のために、家族を顧みない。
4.速記を通じて、精神世界を追求する。速記を「道」ととらえる。

「上級」
1.全てのエネルギーを速記のために使う。仕事も速記も分離できない。
2.食糧費を削ってでも、速記のために使う。そのために餓死しても本望と考える。
3.家族を捨てても、速記を取る。
4.知識は奥深く、計り知れない。

 以上ですが、私(道楽おやじ)から補足説明をしますと、速記の腕前には全く関係がありません。 要は「速記に対する熱い情熱を持ち続けているかどうか」ということです。学習者でも資格は十分にあります。
 参考までに、私の場合は「初級」の段階です。
 さて、読者の皆さんはどの段階に属しているでしょうか。

トップページへ