はしがき

 この書は「中根式速記法教範」の「資料編」として作成したものである。以下 「資料編」という。

中根式速記法教範」は
「速記法編」
「資料編」
「速記法指導編」
の3冊から成 っている。

資料編」の概要は
1.速記史関係
2.研究関係
3.論文関係
4.指導関係
5.随筆関係
6.資料関係
で構成をしている。

 中根式の指導者は、速記史についての知識が低いと言っても過言ではない。せ めて中根式に関した歴史ぐらいは暗記してほしいものばかりである。
 この「資料編」には、従来の教科書や内部用資料には掲載していない内容が多 いし、現在、中根速記学校でも指導されていない内容も掲載をしている。
 また「資料編」には中根式速記指導者として当然、知っておかなければならな い中根式関係の必要なことを掲載している。
 特に「中根式の体系」などは学習者に指導をする必要はないと思っているし、 速記指導者自身が知っていればよいことも書いている。
*一部分を除いて読みやすくするため現代表記に改めている。

 特に中根式関係の「速記史」及び「研究論文」については、いろいろな分野か らくどいほど掲載しているので、部分的には重複しているところもある。
 また、研究論文については特に必要と思われるものを掲載している。いずれも 読んでおいてほしいものばかりである。
 研究論文については、各文献から調べやすいように出典を明らかにしているし、 私が書き下ろしたものもある。
 このほかにも、まだ多くの「研究資料」や「研究論文」があると思われるが、 現在、私の手元にあるものを1冊にまとめてみた。
 巻末には私が作成をした「速記史」及び「中根式速記法」の問題を掲載したが、 中根式速記指導者として、この程度の問題は最低限覚えておいてもらいたいもの ばかりである。合格はいずれの問題も90点以上である。

 中根式速記指導者に対してはかなり厳しいことを書いているが、このぐらい徹 底をしないと学問的にも指導者としてのレベルが向上をしないと思っている。
文中の敬称は略した。

 平成25年10月28日

HP 速記道楽
管 理 人 滝 鞍 二
中根式速記法教範 資料編1 nakaneshiki-kyouhan_1.pdf (974KB)
…パスワード問合せ先